土用の丑の日の意味って?2015年はいつなの?うなぎの由来って?

スーパーで子供に何とかいてあるの?っと聞かれたのが

土用の丑の日

私:どようのうしのひって書いてあるとよ(九州なもんで)

子:お母さん
土用の丑の日って土曜日なの?
牛の日?牛を食べる日なの?

っと質問攻めに遭いました・・・

すぐ答えられなかったので、早速 調べてみました。

スポンサードリンク

土用の丑の日の意味って?

土用とは

土曜日ではありません

春・夏・秋・冬の季節の変わり目の
18日間のことを言うんです。

春→土用→夏→土用→秋→土用→冬→土用
年に4回土用があるんです。

その中でも、
夏の土用が「丑の日」と「うなぎ」と共に有名です。

丑の日とは

毎年 年賀状を書き出す頃から年明けに出てくる
十二支の
子、丑、寅、兎、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥
が「月」「日」「時刻」「方角」に振り分けられています。

よく時代劇とかで、子の刻とか言っていますよね
これは、時間に振り分けられていて0時ごろです。

これと同じで、日付にも振り分けられており
通算で、12日に1回回ってくるんですよ。

有名なのが、
妊婦さんが腹帯を巻く日は、戌の日ですね

なので、
年に4回ある土用と12日間に1回ある丑の日が重なった日が
土用の丑の日になります。

つまり「土用の丑の日」とは
「土用」期間中の「丑の日」ということですね。

土用の丑の日 2015年はいつなの?

2015年の日にちは、
7月24日(金)と8月5日(水)です。

2016年 → 7月30日
2017年 → 7月25日 8月6日
2018年 → 7月20日 8月1日
2019年 → 7月27日
2020年 → 7月21日 8月2日

スポンサードリンク

一般に土用の丑の日とは、
夏のこの時期のことを言うみたいですが
実際には、上記で分かったように年に何回かあります。

2015年
冬:1月13日(火)、1月25日(日)
春:4月19日(日)
夏:7月24日(金)、8月5日(水)
秋:10月28日(土)

土用の丑の日にうなぎを食べる由来って?

では、なぜ土用の丑の日にうなぎを食べるのでしょうか?
調べるといろいろ出てきました。

一番多い説は、平賀源内説
江戸時代に、知り合いのうなぎ屋に、
夏の暑い日にはうなぎが売れにくいという相談を持ちかけられ
源内が一般的には夏の土用の丑の日に
「う」の付く食べ物を食べると夏負けしない風習があったことを利用して
「本日、土用の丑の日」という大きな看板を店先に出しうなぎを食べるといいよと宣伝しました。
その当時、もの知りとして有名な源内さんの言うことならということで、
そのうなぎ屋はたいへん繁盛したそうです。

これが、始まりという説です。

スタミナ食としての鰻は豊富なたんぱく質や、
蒲焼き1人前で1日の必要量の3倍も含まれるビタミンAをはじめ、
B1・B2・E、カルシウム、鉄、EPA・DHAなど、
優れた栄養素が高水準で含まれているので
理に適ってはいるみたいですが・・・

でも・・・

実は・・・

ウナギが本当に美味い時期は晩秋なんです。
つまり、冬眠前で栄養を蓄えた時期が脂ものっておいしいんですよ。

まとめ

誰かが作った行事に踊らされている気もしますが、
季節の変わり目は、体調を崩しやすいので
栄養たっぷりのうなぎを食べるのは
夏バテ防止にもよさそうですね

子供たちには、
栄養的なことを話して
病気しにくいようにうなぎを食べる日だよ

っと伝えることにします♪

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。